BBS会員でも増えてきている家族葬儀の選択者

家族葬で大切な人を見送りませんか

家族葬儀BBS関東でも参加者の中で近年増えている葬儀の形が「家族葬」です。
定義は特にありませんが低価格で高品質な家族葬儀が行えるとの評判で、選択する方が増えています。
家族葬と言っても家族だけで密葬をしてしまう、というわけではありません。
家族や親族だけではなく親しい友人も参列することがあります。

家族葬儀はなぜ選ばれてきているのか?

選択される理由としては、予算をあまりかけたくないというものから、ひっそりと行いたいという故人の希望まで多岐に渡ります。
故人が高齢だった場合は、友人や知人も少なくなっている為に、敢えて大々的に行わないということもあるようです。
冠婚葬祭互助会の会員であれば費用や葬儀社選びで戸惑うことはないかもしれませんが、喪主や葬儀社、形式を決めるということは、経験の少ない状態で行うと心身に負担のかかるものでもあります。

お別れの機会としての葬儀の見つめ直し

また一般的な葬儀では参列者への対応に追われてゆっくり故人とのお別れをすることも難しいでしょう。
だからこそ新しい葬儀のやり方として注目されているのです。
そして、日本人は無宗教の場合が多く、宗教に関係なく執り行えることも利点のひとつです。

家族葬だからと言って特別な葬儀というわけではありません

では、実際の家族葬はどのようなものなのでしょうか。
通夜を行わなかったり、お布施や戒名を断ったり、香典や供花などは辞退されることが多いようです。
故人の好きだった音楽をBGMにしたり、アルバムを眺めながら故人を偲ぶような、従来のマナーやしきたりにとらわれないやり方で実施することも可能です。

故人を偲ぶ思いは同じです

また、葬儀が終わった後に故人を偲ぶ会やお別れ会をする場合もあるようです。
これは、家族葬が少人数で行われるという性質を有しているからで、参列してほしい人と、葬儀後に報告する人を区別しなければならないからです。
家族葬だからといって、故人とこれまで交流のあった人たちをおざなりにしてはいけません。
相手にも個人に対する想いはあります。もし香典、弔電、お花などを頂いた場合は、きちんと感謝の気持ちを伝えましょう。
どのような形でも、故人とのお別れを心からできるような葬儀を行いたいものです。

Copyright© 2013 415910.com All Rights Reserved.