納得の行く葬儀を斎場で執り行うには

葬儀の成功を決める葬祭場選び

納得の行く葬儀を斎場にて執り行う為には、会場選びが大切です。
斎場はいくつかのタイプに分かれます。
それぞれのタイプの特徴を理解し、自分達の希望に合った斎場を決定して執り行うようにしましょう。

公営斎場は費用を安く抑えられるメリットも

斎場タイプの1つ目としてご紹介するのは、公営斎場です。
こちらは市町村区といった地方自治体などが管理・運営している斎場になります。
火葬場と併設されていることが多いので移動する手間が無く、また移動に必要な車両を用意する必要がない為、費用が抑えられるという点がメリットになります。
デメリットとしては死亡者、もしくは喪主が斎場を管理している自治体に在住していることなどの利用制限があるということ(参考→町屋斎場サイト)。
人気が高く、希望者が多いのでタイミングによっては待つこともあるということがあげられます。

民営斎場には2種類あります

2つ目は民営斎場です。
民営斎場にはさらに2つの種類に分かれます。
1つは一般的な貸し斎場になります。
宿泊設備が整っていたり、駐車場が近くに完備されていたりと設備が充実していることが多く、数も多いのでいつでも比較的利用しやすくなっています。
利用料金は公営斎場と比較するとやや割高になるという点がデメリットです。

葬儀社が所有している斎場でも家族葬儀は可能です

もう1つは葬儀社が所有している斎場です。
自社所有の斎場になるので、特定の葬儀社でしか使えないというデメリットはありますが、逆に管理・運営している会社を利用した場合は何かと融通がきくというメリットがあります。
また、担当者がその施設を利用しなれているので、案内などの流れがスムーズであるということも大きな魅力と言えるでしょう。
このように、斎場には特徴があります。
故人の最後のセレモニーが後悔のないものにするよう、良く考えて決めるようにしましょう。

Copyright© 2013 415910.com All Rights Reserved.