家族葬や密葬と一般的な葬儀の違い

東京の核家族にとっては葬儀は不慣れな突発事

故人との別れの時間を設けてしっかりと送り出したいけど、それには多くの費用がかかるし、場所も用意しなければいけないといろいろと考えてしまう人も多いです。
しかしこのような悩みを持つ人の意見に答えようと、最近では家族葬というものが出てきました。
実際にこの葬儀の仕方を行う人も増えてきています。
これは家族や親しい知人だけで故人とのお別れをしようというもので、人とのつきあいの減った現代の日本人や都会に住む人たちにとっては、日常生活にあった葬儀の方法といえます。

家族葬、密葬、直葬、一般的な葬儀の流れの違い

一般的な葬儀の流れは、亡くなってから安置して納棺を行い、通夜をして告別式、出棺をして火葬という形です。
これが家族葬、それも密葬の場合だと亡くなってから安置して納棺を行い出棺、火葬という形になるのです。
密葬では世間体を重視している部分を簡素化したものとされているので、一般的な葬儀の流れと比べると通夜、告別式がないのは大きいです。
一方で家族葬儀は本来の目的である故人との別れの時間をゆっくりと過ごすということを第一の目的としています。

家族葬を選択するのは弔問客が少ない場合

逆にこの方法が向かない場合もあります。
それは社会的に地位のある社長などや、知り合いの人数が多く葬儀に多くの参列者が来ることが予想される場合にはこの形は向きません。
しかしどういう形で故人とのお別れをするにしても、人は必ず亡くなるものです。
生前の希望があればそれを尊重して葬儀の形にするというのが一番いい方法です。
家族で別れの時間を持つというのも一つの葬儀の形として、そのときのライフスタイルに応じて行うのがいいです。
家族葬を行うかどうかは、生前に親族内でしっかりと相談しておくことが必要です。
一般的な葬儀でも、上手に時間を利用すれば故人との別れの時間をゆっくりと持つことができることもあります。

おすすめ斎場を都内で探す

Copyright© 2013 415910.com All Rights Reserved.